YTNETインターネットサービス利用規則

本規約は、会員とインターネットやつしろ(以下Ytnetと呼ぶ)との間に於ける、Ytnetが提供する通信サービス等の利用に係わる一切の関係に適用される。 Ytnetのオンラインまたは郵送等の手段を通じ会員に対して発表される諸規定は、本規約の一部を構成する。また、Ytnetは会員の了承を得ることなく本規約を変更することがあり、会員はこれを承諾するものとする。この変更はYtnet のオンラインまたは郵送等の手段を通じて会員に発表する。

第一条(趣旨) Ytnetは安価で健全なインターネット利用環境を広く公衆に提供し、全く新し い情報提供手段であるインターネットを通じて社会に貢献する目的で設立される ものとする。

第二条(目的) Ytnetは、インターネットサービスの提供、情報発信その他インターネットに 関連して提供可能な通信サービス業を行うことを目的とする。

第三条(運営体制) Ytnetが提供する全ての通信事業(以下「本サービス」と呼ぶ)の運営はイン ターネットやつしろが行う。

第四条(会員) Ytnetの指定する手続きに基づき、本規約を確認の上、本サービスの利用を申 し込み、これをYtnetが承認した者を会員とする。

第五条(会員の承認) Ytnetは、本サービスの利用申し込みを行った者が、以下のいずれかあるいは 複数の項目に該当する場合は入会の承認を行わないことがあり、また入会後であ ってもその承認の取り消しを行う場合がある。 ○過去に会員規約違反などにより、本サービスの会員資格の取り消しが行われ ていることが判明した場合 ○利用申し込み内容に虚偽、誤記あるいは記入漏れのあったことが判明した場 合 ○申込者が未成年者であり、保護者の同意が得られていないことが判明した場 合 ○その他、Ytnetが会員とすることを不適当と判断する場合

第六条(ID及びパスワードの管理責任) 会員は、Ytnetより付与されたID及びパスワードを第三者に譲渡もしくは利 用させたり、売買、名義変更、質入などすることはできない。会員は、本規約に 基づき付与されたID及びパスワードの管理、責任について責任を負うものとし 、Ytnet及び第三者に対して損害を与えることのないようにしなければならない 。 また、会員は当該ID及びパスワードでの本サービスの利用に関する責任を負 うものとし、自己の責任によりその利用に係わる一切の債務を負うものとする。

第七条(変更の届け出) 会員は、住所等の、Ytnetへの届け出内容に変更があった場合、速やかに所定 の変更の届け出をYtnetに対して行うものとする。なお、婚姻による姓の変更等 、Ytnetが承認した場合を除き、登録された氏名の変更を行うことは出来ない。

第八条(利用料金の支払) 会員は、本サービスを利用するために定められた利用料金を支払うものとする。 ○月額支払の場合は、前月に次の月の利用料を支払うものととする。 ○年額一括払いは、利用する前月に一括して支払うものとする。ただし、途中解約しても返金は発生しない。

第九条(設備等経費の負担) 会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器その他全ての設備を、自己の負担において準備するものとする。また、自己の費用で使用する機器を電気 通信サービスを利用して本サービスのアクセスポイントに接続するものとする。 その際、必要な手続きは会員が自己の責任と費用で行うものとする。

第十条(サービス内容の変更及び停止) Ytnetは、会員への事前の通知なくしてYtnetの定める諸条件、運用規則、また はサービス内容を変更することがあり、会員はこれを承諾する。この変更には、 本サービスの部分的な改廃等を含むが、これらに限定されない。 また、Ytnetは 最低3ヶ月の予告期間を以て、本サービスを停止することが出来る。この変更、 停止等については、本サービスのオンライン又は郵送等の手段を用いて発表する ものとする。

第十一条(サービスの一時的な中断) Ytnetは、次に該当する場合には、会員に事前に通告することなく一時的にイ ンターネット接続サービスを中断することがある。 ○本サービスのシステムの保守を定期的に、または緊急に行う場合 ○火災、停電等によりサービスの提供が困難になった場合 ○地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供が困難になった場合 ○戦争、変乱、暴動、争乱、労働争議等によりサービスの提供が困難になった場合 ○ユーザー個人のホームページ、メールサービスを1年以上利用・更新をしないと判断した場合一時中断するその後1年を経過しなんら連絡のない場合停止とする(サーバー使用料未払いの場合) ○本サービス向上のため回線、機材変更の等の場合 ○その他、技術上Ytnetがサービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第十二条(損害賠償) Ytnetは本サービスの利用により発生した会員の損害全てに対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害を賠償する義務を持たないものとする。 会員 が本サービスの利用によって第三者に損害を与えた場合、会員は自己の責任と費 用を以て解決し、Ytnetに損害を与えることのないものとする。 会員が本規約に 反した場合、または不正もしくは違法な行為によってYtnetに損害を与えた場合 、Ytnetは当該会員に対して相応の損害賠償の請求を行うことが出来るものとす る。

第十三条(会員資格の取り消し) 会員が、次の各号のいずれかにでも該当する場合、Ytnetは当該会員の本サー ビスに於ける会員資格を、会員に何ら事前に通知及び催告することなく、一時停止又は取り消すことが出来る。 ○入会時に虚偽の申告をした場合 ○入力されている情報の改竄を行った場合 ○IDまたはパスワードを不正に利用した場合 ○本サービスの運営を妨害した場合 ○本規約のいずれかに違反した場合 ○その他、Ytnetが会員として不適当と判断した場合

第十四条(退会) 会員が退会する場合は、退会しようとする日の1ヶ月前までにオンライン又は文書にて Ytnetに届け出を行うものとする。

第十五条(専属的合意直轄裁判所) 会員とYtnetとの間で訴訟の必要が生じた場合、Ytnetの本社所在地を管轄する 裁判所を、会員とYtnetとの専属的合意直轄裁判所とする。

付則 この規約は平成12年12月1日から実施します。